« 政治的マニフェストと現実、あるいは地方毎に固有の精神風土 | トップページ | 天橋立で考えた哲学② »

2009年12月 8日 (火)

天橋立で考えた哲学

 私たちには主に次のような事柄を脳が把握しているものと思われる。

     知っていること

     一応知っているが、あまりよくは知らないこと

     知らないこと

 しかし①と②は直接脳内に沸き起こる思念であるが、③は少し違う。これは端的に脳内の思念ではなく、脳内の思念全体を客観的外在主義的に捉えているから、間接的にそう言うことがあり得るとア・ポステリオリに考えることである。

 それは無の捏造である。つまり脳内に沸き起こる思念は全て脳内では現象している。しかしこれは違う。脳内で現象していないけれど、世界の中ではあり得ることであると事後的に認識することである。だからそう考える時点では確かに存在しているが、それ以前には一度も存在していなかったことである。しかしそう考えるからには、常に「そういうもの」として把握だけはされている。例えば今日私があなたを知ったのなら、それまではあなたのことは③だったと言う風に。要するにこれは常に「今は知らないが、知ったのなら知り得る可能性」として常に把握だけはされているから、それ自体の内容はない。内容的に現象していることこそ既に知っていることである。あるいは記憶していることであると言ってよい。

 しかし③とそれらは一線を分かつ。つまり端的にそれは常に可能性として未来において知り得ることになるかも知れないし、終ぞ知り得ないかも知れないものとして「存在し得る」ものである。

 つまり私は考えの上では絶えず、この①と②の程度の差こそあれ一応存在だけは知っていることとよく知っていることの二つを合わせて実際に記憶していること、常に知っていると言えることはこれだけであるが、それ以外にも現象しているということにおいては内容的にはそれ自体無ではあるもの、形式的に、カテゴリー的には存在する、つまり可能性というものをも把握している。そしてこの「可能性」だけは端的に知っていることであり、その「可能性」のカテゴリーに属すものたちは内容ではなく、形式的に「あり得る」こと、「存在可能性」としてだけ認識され得る。

 つまり私たちは常に知っている内容とそれ以外(つまり③)を対にして全ての考えというものを成り立たせている。要するにそれが未来を「やがて来るもの」として、過去と現在を含めた現象してきたことと現象していることの全てと、それ以外という形で世界を構成しているわけである。

そしてこの③を常に伴っていることをもって、私たちはそれ自体常に未来へと可能性としての存在として開かれた状態にある、と言ってよい。要するに③とは無であり、欠乏であり、未来における我々の行為による可能性であり、期待、希望、あるいは不安、恐怖なのである。無であり欠乏を自覚することで未来に向けて行為の意志を形成するということが、即ち私たちが生きているということなのである。

|

« 政治的マニフェストと現実、あるいは地方毎に固有の精神風土 | トップページ | 天橋立で考えた哲学② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立で考えた哲学:

« 政治的マニフェストと現実、あるいは地方毎に固有の精神風土 | トップページ | 天橋立で考えた哲学② »