« 作品を発表する上で最も大切だと思えることは何か? | トップページ | 科学、芸術、文学そして哲学/スポーツ、ビジネス、政治Part2 »

2012年4月 3日 (火)

今世の中では何が求められているか?Part2

 今回は今我々がどんな情報・メッセージを求めているのかという事に就いて考えてみよう。

 まず基本的に多くの人達は何らかの形で専門の仕事に従事している。そしてそれに忙しく、若い頃抱いていた夢とかもっと勉強したかったことを生活していく上で断念せざるを得ない日々を送ってきた。従ってある程度子供も大きくなったりして自分自身の人生の充実を考えていく心の余裕を持ち始めた人達が一番情報やメッセージを渇望しているとも言える。そういった人達、つまり一般社会人にとってどんな情報が有用であるかを考えてみよう。

 一般市民と言ったって多種多様であるが、一つは高齢になっていくに従って色々と身体の具合も悪くなっていくということを老いた両親などを見て実感しているので、当然医学的知識を踏まえた健康管理及び何処か既に身体で悪い部分がある人達はリハビリテーション関係の情報を欲しているだろう。それに薬学的知識を踏まえた実用的な医療関係の指南情報、メッセージである。

 それらに次いで子供の将来にも関わる事にもなる教育全般の指南的なもの、資産運用などに関する情報、メッセージである。金融的知識を踏まえた株や遺産管理、冠婚葬祭に関する情報とメッセージがより求められていると言える。

 現実的に我々は後に残される者の事を考えるので、地球環境が今後どうなっていくかという情報やメッセージを後発世代に伝えていく義務がある。昨年の震災等による危機的状況をどう生き抜くか、非常時の様々なマニュアル、それは非常食からいよいよ家屋さえ失ってしまった場合のサヴァイヴァル術的情報とメッセージに有用性があると思われる。

 現代日本社会は突発的な悲劇に見舞われぬ限り高齢化社会が益々顕在化していく。従って生涯学習的観点に立った情報とメッセージもより求められている、と言える。

 その情報やメッセージはある部分では実用的で即実践に直結し得るもの、ある部分では娯楽的精神的充実を見出す為のもの、ある部分では日々の疲れを癒す為のものなど様々な形で考えられる。

 その点では実用ということ一つ取っても非常の場合のマニュアル的性格のものから、比較的安定した安全が確保されている場合の衣食住健康に関するもの、そして趣味や生涯学習的な内容のものなど多様を極める。

 スポーツなども鑑賞する人達の為の基本的知識や常識を伝えるものから実際に余暇にスポーツをする事を試みたいと願っている人達の為のスポーツを実際にする機会に関する情報とメッセージ、そして個々のスポーツのテクニックを身に着ける実践的な指南情報とメッセージが有用である。

 又余暇でより快適に過ごす為の衣類ファッション関係の情報とメッセージ、そして観光情報(実際の観光地から、アクセス情報、宿泊情報迄含めた)、そして各地名産物などに関する情報が求められていると思われる。

 尤も今迄述べてきたものでも最初に例として考えた若い夫婦などの求めるもの以外に当然その次に述べた中高年、老人、青年、子供それぞれ異なったニーズが存在する筈だ。青年世代には就職転職情報とメッセージ(体験談等)、ある程度専門分野別の高度な情報とメッセージ、子供には教育的観点から日常生活に役立つ事と将来の受験にも役立つ事が、趣味に興じる余裕のある中高年向けには高度な学術文藝的な分野の啓蒙情報などが求められている、と考えられる。

 或いは都会で就業して生活している人達の為の非常時での帰宅難民対策の情報とメッセージ、そして車を仕事で運転している人達の為の渋滞回避情報(各地から各地へのアクセス方法から給油、或いは充電などの場所や方法の情報)、或いは快適に移動する為の道路情報、そして途中で昼食などを取る為の食堂・レストラン・休憩所情報などが有用である。

 又現代は益々ウェブサイトを利用する機会が増えているので、各種電子機器やツールやディヴァイス利用をする為の基本的応用実践的情報とメッセージが極めて広範囲の世代へ有用性がある。

 それら全ての情報とメッセージはウェブ上で確認出来る形式から電子書籍、本など様々な形態で行える様にしていかれる事こそが好ましい。

 そして最後に余暇に於ける趣味の情報とメッセージは私の住むエリアにも各地にある国立公園とか市立公園などの自然環境が保全されている場所のアクセス並びに実際の公園などの概要に関する情報とメッセージ、そしてその他飲食関連情報、或いは健康の為にトレッキングしたり釣りをしたりする為の情報とメッセージ(ビギナーへの啓蒙的意図のものを含んだ)、或いはスポーツセンターや温泉などに関する利用情報などが有用性がある。

 それらも家族ぐるみで余暇を過ごすのか、恋人同士で過ごすのか、一人で過ごすのかなどによって異なったタイプの情報が求められると言える。

 これからの日本社会ではある部分では今迄の日本が獲得してきたことと、去年の震災によって学んだことと、これからの新世代と今既に中年以上になっている世代の老後のことを考えた総合的な情報とメッセージが求められている。そしてそれらの情報とメッセージが豊富であればあるほどチョイスしやすいし、我々自身がそれらから主体的に考える機会が与えられる。

 生きていく事とは実際的には経済生活であり、物理的には衣食住を全うする健康を維持し得る快適な生活であり、精神的には家族や友人、同僚と過ごす文化的生活である。

 これらのものが一つ欠けても我々は真の幸福感を感じ取る事が出来ない。そしてそれは広く全ての世代、そして全ての職種の人達の間で共有されるべきである。その観点を忘れるべきではない。

 次回は経済的困窮者の為の移動の手段から旅行等に関する情報とメッセージを考えてみたい。

|

« 作品を発表する上で最も大切だと思えることは何か? | トップページ | 科学、芸術、文学そして哲学/スポーツ、ビジネス、政治Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今世の中では何が求められているか?Part2:

« 作品を発表する上で最も大切だと思えることは何か? | トップページ | 科学、芸術、文学そして哲学/スポーツ、ビジネス、政治Part2 »