« 日本人と欧米人、中南米人を中心とするキリスト教徒との感性の違いとは何か?① | トップページ | 日本にはないある真摯さ、欧米の宗教心の真実⓵ 歌で聴ける本質的違い »

2023年5月15日 (月)

思考における一般的傾向とその対処について1️⃣

我々の生活上、最重要事項とは、極めて生理的な些細な条件を制御し得るか否かが、意外に、否極めて重要なのだ。

何故なら我々は、凄く生理的条件に左右されやすい生き物だからである。故に我々は仕事遂行環境の整備と、巧い選択が、結果的に仕事の成否を決する。

 それを論理式化してみよう。

先ず、最大限、仕事遂行に於ける条件を利用して、最大成果を挙げられることを、Bとしよう。

対し、我々の任務遂行努力を、  E としよう。

すると、

E in general  =, or ≠ B

 factor of accomplishment to best work consists in 

 trying to make E made closest B.

Diffusing gap between (= and ≠ → B ) as ,  D

And, making D means , if we regard the factor to make us difference of B, it'd be our own environmental factor  E F must be

E F(  D  ), though, necessarily, 

E F  = ( D⇒ B  )

 

 そして、作業スペースの有効な整理を N E として、それを余分なものの除去 E Cとすると、すると、

 

N E=E C ⇒ B,

B =(D=E C)

 

つまり、最大の成果を仕事で挙げるには、端的に仕事場の整理を先ずせよ、というに尽きる。

 

(不定期に続く)

 

 

May. 15th.  2023

|

« 日本人と欧米人、中南米人を中心とするキリスト教徒との感性の違いとは何か?① | トップページ | 日本にはないある真摯さ、欧米の宗教心の真実⓵ 歌で聴ける本質的違い »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人と欧米人、中南米人を中心とするキリスト教徒との感性の違いとは何か?① | トップページ | 日本にはないある真摯さ、欧米の宗教心の真実⓵ 歌で聴ける本質的違い »