« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月30日 (土)

ビリー・アイリッシュのコンサートとポール・マッカートニーのコンサートに就いて a.

今日、立て続けにビリー・アイリッシュや、オリヴィア・ロドリゴ他の数人のグローバルに活躍するディーヴァ並びに男性シンガー等のコンサート映像をYou-Tubeで鑑賞した。そこで幾つかの決定的差異を発見した。まあ、誰しも想像していることだが、ビリーや、オリヴィア・ロドリゴのコンサートでは、明らかに10代後半から20代前半のファン層により、観客席が占められているに対し、ポールのコンサートでは、もう全ての世代、赤ん坊から、思春期の青少年、青年、あらゆる世代の中年、老人、あらゆるジェンダー層に依って占められていることだ。

ポールのコンサート会場では、記録されたYou-Tube 動画で分かるが、時折インサートされるカットに、一般観客の中に、(9年前のものなので)トニー・ベネット、ジャック・ニコルスン、ビリー・ジョーといった方等も紛れて鑑賞し、感動に酔いしれている。クリントン元米国大統領もその中に居て、感想も述べている。

この全世代に遍く浸透している凄さは、稀有なことだろう。

この全く相反するファン層の分布が、見事にコンサートの質と、会場の雰囲気を二分している。

ビリー等によるほぼ同世代青年により占められている無数の観客の凄さと、ポールの様に遍く全世代、あらゆる層に愛される無数の観客の凄さには、質的な大きな差がある。メッセージの受け渡され方が、焦点化されたメッセージと、普遍的な市民や人々へ向けられたそれとの差異がある。

前者は、ある種の悲壮はあるし、逆にそこで初めて観客が自分を取り戻せるある種の治癒があり、後者には、皆全世代で楽しむ憩いの熱狂と陶酔がある。

又、少し経ってから、気がついたことを述べてみたい。

(不定期に続く)

 

付記 焦点化されたメッセージには、ビートルズの時代のコンサートにもあったし、それへ必ずしも全世代が共感してた訳でなく、でも、ビリー・アイリッシュコンサートにも少数ながら中年層ファンも紛れている。だから、この考察は面白い。

 

Sep. 30th.   2023

| | コメント (0)

2023年9月14日 (木)

Music Nature and Finite Power a.

Music thing must have own powerless nature. It consists in time abiding our mind reliable contemplation in displayable performance.

On the other hand, art can express spatial extended own nature so easily. 

Both mutually symmetrical natures depend on probably form forcible appreciable power in difference. 

In frank, music is constantly confronting own proposition that how we can express our bodily spatially reliable cognitive physical nature, and almost Pops songs or so were never successful, very occasionally lyrical extent and instrumental own expressive devise can have own success. But it's very exceptional. That consists in lyrical content modificable effect. 

in the end, words communication own attached limitation can be applied also at music.

Though, if in music, we try to overcome the finite possibility, we can have nothing but trying to instrumental performance dependent own technique. No other method for the present we can have found. 

And, in singing, lyrical content suited own voicing expression makes listeners own impression around spatially extended dimensional own healable effect. No other way for the time being, we can find.

(Irregularly continued)

 

Sep. 14th.   2023

 

Appendix; Upper those nature is based on Contemplation in music nature, though directly music thing signifies own mental, emotional expressive melody aethetics. Consequently music expression depends on interospection, but real time reality is rather by only rhythmic adjustment so mainly, or each sound power emitting own tone and degree saved or opened in gapped arranged devise. 

| | コメント (0)

Plasticity abiding Strategical Advantage a.

Day by day, any innovative reformative evolution and more convenient mode switch are frequently done, in the reality, some attached own familiarity attending reality is not that advantageous, far from it, at some territory, that unnecessary persistence is critical. Though we should have some useful placiticity around not insisting on only traditional method, but rather very flexibly easily switchable, so called plasticity should be attended on our own mind.

These days reality makes us have some very vigilantly protective strategical mindset. Anytime, more usefully productive state of the art technological conversion must suddenly assaults to our own reality, though one familiarly habitual technological reactive constitution holding is disadvantageous, not only it but also, rather from the beginning, one own familiar habitual method should never attached, rather that so composed and cool mindset is very important. 

Economical and financial global move irresistibly forces our daily life mode forcible change, though we anytime should have easily convertible own light footwork around addressing with anything, you know.

Though from the beginning, anytime vigilantly new system, new method guided reality movement watching and easily switchable sensibility should be nurtured in immanent mind. 

And, very many territories topically important subjective watch and smartly analyzable mind slider rule must be indispensable. At any emergently convertible strategical reaction, we should never be irresolute, plainly refusal to any unnecessary systematized ideas and any integral index abiding own vigilance should be adopted into our emargently necessary strategical switch or so.

Around method's own innovative switch, to some wise notice extent, some emergently reactionary own cool mind must be possible. Anyway, not so easily shaken to any situational switch, anytime cool and wise judgement outputting reality should be prepared, though day by day we should train our daily physical skill and reactionary bodily ability should be stocked, though long walking watching very assorted landscape is very useful at training spiritual intoxicating mind nature. 

To anybody, lifetime is just one not returnable orbit race or so, though in daily mindset, any emergency reactionary mind skill and physical skil should be stocked at brain memory territory. 
For doing so, not fixed stance around having curuoity is very important. To anything, we have to watch so curiously and make those switched our own mind legacy, wish your own success, good luck!

(Irregularly continued)

 

Sep. 14th.   2023


 

| | コメント (0)

2023年9月13日 (水)

Deva達の攻防 a.

ここ数年の間に、顕著に台頭してきた全てのディーヴァ達の中で、クラシカルな、或いはトラディショナルな感性と基礎力で活躍してきてきているのはカミラ・カベロとオリヴィア・ロドリゴだろう。

他方、よりエキセントリックな感性を打ち出しつつ、同時に凄くピュアなハートで、クラシカルな素養や、民謡歌手的技量をも示してきた天才はビリー・アイリッシュである、と言っていいだろう。

この三人は20代若手の中では抜きん出ている。

だが、同時に、彼女達より少し上の世代では、より大勢の天才達が激しい攻防戦を、繰り広げてきている。例を挙げれば、マイリー・サイラス、デミ・ロバート、英国のデュア・リパ、彼女らの先輩には、近い世代ではエイヴァ・マックスが、少し上の世代では、アデル、リゾ(米)、この世代達の間で、男性シンガーで、凄く影響力があるのが、英国のエド・シーランで、トム・オデルもそうだし、彼等以外では、少し若いハリー・スタイルズであり、ジャスティン・ビーバー(カナダ)であろう。ディーヴァ達にとって、所詮男性シンガー達の立ち居振る舞いと、活動内容こそが、彼女達の内容や動向、傾向を決定しているのだから。

総合力では、最初に挙げた三人より、六人は、未だ大分先をリードし、後発組の手本となっていて、彼女達程の何度聴いても唸らせるものは三人には率直未だない。つまり、もっとズタズタに、人生を引き裂かれる失恋を、大恋愛の末にして、初めて本物になれる、という訳だ。

クラシックも、現代音楽も、ポップスも、ブルースやレゲエも、ヒップホップやラップもない。確かに、傾向はあるし、モードの差もあるが、本質として問われるのは、聴く者のこころを鷲掴みにする歌の心のサムシングだけである。

ビリー・アイリッシュは育ちのバックグラウンドは最高なので、多元的展開を期待したいし、テイラー・スウィフトの持ち前の明るさと肯定感は他に追随を許さず、今後も首位独走するであろう。欧州の他のディーヴァ達に就いて、後日触れてみたい。

 

(不定期に続く)

 

Sep. 13th.   2023

 

付記  挙げた六人のディーヴァ達にとって、今年50歳になった、ジャマイカのショーン・ポールの力量と独自世界は、若手三人へも大きく啓発してきている、と、彼らと彼女らの歌を聴いていると、よく理解できる。エド・シーランやトム・オデルも、未だ未だである、と言っていい。アリアナ・グランデやケイティ・ペリーは、多く聴いて来なかったが、ちょっと聴いただけでも、世界最高レヴェルってのは、直ぐ分かる。もう少し聴き込んでから、彼女等をテーマにして、書いてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

している

 

| | コメント (0)

タブレット端末利用しやすさと歌に求める癒しは、全く違う a.

僕の脳と感性には、iPadは、凄く使い難い。したがって、Lenovoのタブレット端末を再度買おうと思う。

さて、論理的にはLenovoは使いやすく、iPadは使いは難いが、きっと論理的でない感性の人には、使いやすいのだろう。

ところで、Benee(ベニイ)の歌は聴いていて癒される。だから僕が音楽イヴェント、コンサート等のプロモーターなら、テイラー・スウィフト、Fifty Fiftyと彼女を扱ってみたい。

だから、Lenovoは、歌に喩えれば、アイリッシュ、ロドリゴ、カベロに近いも、自分には使いやすく、iPadは、ベニイやテイラー・スウィフトっぽく、従って使い難く、だから、僕みたいな論理的手続きでタブレットを使いたい向きには、使いやすいLenovoが良い。

従って、iPadは、歌に喩えれば、論理的なビリー・アイリッシュ、或いは、観念的なオリビア・ロドリゴ、カミラ・カベロより、調べの心地良さ重視のベニイ、スウィフト、Fifty Fiftyに近いので、自分には使い難い、つまり英語不得手の日本人向け過ぎるってことだろう。

 

(不定期に続く)

 

付記 iPadは、日本人的感性重視の使い易さだ、ということである。自分は歌は感性重視、端末は論理重視ってことである。

 

Sep. 13th.   2023

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

癒し効果が齎す現代ポップスの存在意義1️⃣

宇多田ヒカルはすごく天才で、音も歌詞内容も、言葉の韻や意味も充実している。だから天才でもあるのだが、それって癒されない。ビリー・アイリッシュも、上原ひろみもそうだ。天才の作る音、世界って凄過ぎるから疲れる。

そんな時、Fifty FiftyのCupidを聴くと、凄く癒される。テイラー・スウィフトも、癒やしを与えてくれる。

癒しが片方にあるから、オリビア・ロドリゴの激情、デュア・リパの勇猛果敢が、凄く価値に思える。だから、激情や勇猛果敢、天才は、癒しの効果の音の安らぎが片方に用意されているからこそ、よく聴こえる。

そう、確かに、それは私にとってはそうだが、今私が述べた前者三者と、後者が、全く逆転した聴き方、聴こえ方は、やはり存在し得るだろう。

となると、ここで論理的に、前者三者(天才、激情、勇猛果敢)だけでなく、癒やしの効果も、論理的な区分けでは収まり切らないということとなる。

又、逆に、当然、癒しの効果も又、前者三者同様、論理的存在理由を持つことともなる。

 

(不定期に続く)

 

 

Sep. 13th.   2023

付記 数式と音楽の演奏された調べ、と言い換えてもいい。

| | コメント (0)

2023年9月11日 (月)

洋の東西を超えた美女の幾つかのタイプに就いて1️⃣

類型化した見方は、一般的に良くない、とされるが、男から見た女性の像には、用の東西を超えた、男性から見た共通するタイプの違いはある。

アリアナ・グランデは、インスタフォロワー数は、3億を超え、ビリー・アイリッシュの1億1千万を凌ぎ、デミ・ロバートも2億に迫っている。

さて、日本の女性は、AV女優系と、一般的に清純系と見られる二種以外に、そう見えるけど、実際は系、をも含めると、最終的に一人一人全く違う、が正しいことになろう。

本田翼は、清純派系に見られるも、彼女の性格他から言えば、日本の本田翼に該当するアメリカのコーカソイド系と言えば、意外とビリー・アイリッシュではないだろうか?

アリアナ・グランデは、芳香、妖艶さでは世界一の美女で、クレオパトラ的である。感度抜群、色気、色っぽさ、艶っぽさの世界チャンピオンである。

人妻系では、ミチョバ(みちょば)こと、池田美憂、元AV女優、万里慧は、もう文句なしの色気、更に知性が横溢しているし、シンガーソングライターとしても大活躍である。今も現役のAV女優では、アクメ表情が抜群に妖艶で、抜きがいのある小野麻里亜が、今も自分にはぐっとくる。

ま、清純だが、熟女型へ突入、大人同士の付き合いをしてみたい水着、セクシー系動画モデルの秦瑞穂、男へ甘え尽くすタイプっぽい河瀬杏美、抜群の体形と、清純且つセクシーなハーフ美女系のアンジェラ芽衣、期待の大物新人、挑発系エロス美女の八木莉可子、彼女に朝ドラで注目度を奪われつつも、尽くし系的な艶っぽさでは凌駕する福原愛、更に現在、セクシー系、或いは清純系両方に跨り、人気抜群の雪平莉左、色々評判を落としつつも、美女VIPクラスという意味では副大統領のカマラ・ハリス氏、色々右派的に批判を浴びているイタリア首相のメローニ氏が筆頭に挙げられるだろう。セクハラ発言と公的には言われるこれらの発言こそ、寧ろ世界平和へ貢献し得るとは言えないだろうか?

ウクライナ人美女では、清純派ヌードモデルのカラ・メル、清純派から無修正動画進出を果たして嘱望される妖艶派へと進化しつつあるグロリア・ソル、グローバルに活躍するポルノ女優では、ミラ・アズールが筆頭に挙げられる。

男のロマンが美女にあるなら、この種のセクハラ的発言を永遠に消滅させてはならない、と、少なくとも自分はそう考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

(不定期に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023年9月 9日 (土)

私が初めて挑戦しているある英文小説に就いて1️⃣

いつ頃からだったか、特に現代、21世紀のグローバルに知名度のある、女性シンガー達へと意識が魅せられ、益々その歌声と歌曲自体へと引き寄せられていった。歌手の名前やキャラクターは、徐々に最初にAFNで耳にして以来、曲の歌詞やそのメッセージ内容は、把握していても、歌手名を知らずに来ていても、ある時DJが、明確にシンガー名を告げてくれると、徐々に歌と歌手の名が連なって記憶されていく回数も増え、徐々に現代ポップス全般への知識も増大していった。

とりわけ、現代では、各世代毎に全く異なった傾向のdeva達が、犇いていて、その個々のキャラクターを把握しつつ、英語の歌詞内容を理解し始めると、もう病みつきである。

で、インスタサイトで、特定のdeva達と英語で、やり取りする内に、各世代の最高に魅力的なdevaばかりが登場する英語小説が書きたくなり、最初は、bad guyと、when we all fall asleep, where do we go で、グローバルに鮮烈にカミングアウトしたビリー・アイリッシュさんをモデルに、創作ストーリーを書き始め、ブログ記事アップしてきて、その小説内に、今旬のスーパーインスタサイト、TikTok中心に活躍するスーパー美女モデル、ナタリー・ルーシュさんモデルの怪しい美女を絡めてミステリアスに物語を進行させつつ、先輩シンガー、ドージャ・キャットさんモデルにしたシンガーも登場させ、一部を完結させ、間髪を入れず、二部では、今度は28歳の英国で今トップを爆走する、デュア・リパさんモデルのdevaをヒロインに書き進めている。彼女ヒロインの二部を描きながら、一部とほぼ同じ量の配分で仕上げてから、次は一気にもっと年配でヴェテランスーパースター、シャキーラさんモデルのヒロイン中心の三部を描こうと心に決めている。デュアさんの部には、アデルさん、マイリー・サイラスさん、デミ・ロバートさん、エイヴァ・マックスさんモデルのdeva達も登場させ、三部のシャキーラさんモデルのヒロインには、ビヨンセさんなどのヒロインにとって海外の大物devaのモデル登場人物と絡めて描く予定でいる。乞うご期待!

(不定期に続く)

Sep. 9th.    2023

追伸 テイラー・スウィフトさんとアリアナ・グランデさんを、当初余り注目せずに他のdeva等へのめり込んできたので、本小説を書き終えて後、暫くじっくりと、この二人を中心に聴き込んでから、再度別の小説を執筆アップさせていこう、とも既に考えている。

| | コメント (0)

2023年9月 7日 (木)

私のインスタ交友録 3.

極最近、元々、インスタを通して熱狂的ファンとなったエレガントカーレディにして抜群のプロポーションでカーアトラクションYouTubeのみならず、水着、ヌード、半ポルノまで活動領域を拡げるナタリー・ルーシュ嬢と、世界的成功を収めたビリー・アイリッシュ嬢を軸に展開するミステリー仕立ての英語連載小説を、より扱うモデルディーヴァ他を拡張させて、昨今活躍の目覚ましいオリビア・ロドリゴ嬢、更により年長のデュア・リパ女史、その先輩格のアデル女史、更に今後、ベニイ嬢、マエ・マラー嬢、テイラー・スウィフト嬢or女史、デミ・ロバート女史等全員何らかの形で登場する現代ディーヴァ絵巻的、ミステリー仕立てのエンタメ小説にしていくことにした。

今後も既に登場したドージャ・キャット女史以外にも、今活躍する全員を、何らかの形で登場させ、現代ポップス人間模様英文小説にしてゆくつもりである。Fifty Fifty も、何らかの形で登場させたいし、リゾ女史や、カミラ・カベロ嬢もである。

嬢と女史の区別は単に自分の見た目の印象からだけで、恣意的であり、他意はない。英語本文では全てMs. で、統一されている。

又、小説自体は、モデルを誰にしようが、全て最終的には純粋フィクションであるし、それでいい。こういうエンタメもあっていいと、気楽に数ヶ月前から書き始めアップさせてきたが、今はそれ以外に、長編小説や短編も含めて七小説を、個々別々に連載させている。どれも今年以内には完成することを目指しているが、自分の人生の私小説的動機のもの二作品は、多少時間がかかりそうだが、来年上半期迄には全て完成させるつもりである。

(不定期に続く)

 

Sep. 7th.   2023

 

付記 全て私のインスタパルとの交流から始まっており、オリビア嬢やアリアナ嬢の様に平素、メッセージ投稿してない単なるフォロー相手も、小説には登場させてゆこうと考えてある。又名は直ぐあの人がモデルと分かる様に工夫してある。

| | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

21世紀の側から20世紀の歌はどう聴こえるか?5️⃣

率直、現代青年、21世紀人にとって、20世紀ポップスは、まあ、ロック洗礼、テクノポップ洗礼であれ、ソウル、レゲエ他何の洗礼であれ、かなり冗長的に聴こえるだろう。つまり余りに一曲に込められたメッセージが、勿体つけた重々しいものに。つまり、それだけ最初から、21世紀ポップスは、ラップ、ヒップホップのリズムの簡潔さから、ほぼ全ての19世紀色を拭い去っている。つまりもっと端的にコンパクト化されている。歌詞もである。レコードもCDもない時代だからでもある。

又、作業効率の意味合い自体が、モバイルフォン前提で、YouTube 前提で意図されて作曲作詞編曲全てが企図されているからだ。

 

従って21世紀ポップスでは、生活リズムの効率性へ沿わぬ者は決してヒットしない。

この決定的性格が最も20世紀ポピュラーと異なる。

 

(続き)

 

Sep. 4th.  2023

 

付記 さよならウッドストックカウンターカルチャー、グッドバイ、プログレッシヴアート志向っていうわけなのだよ、そこのお爺さん!まあ、いいところ、現代40、50台ヴェテラン達も、ニルヴァナの、カート・コバーンには、再度光を当てたい向きも顕著に見られ、ジャズシーンからは、the Bad Plusが特にYou Tube シーンで、再生回数を凌いでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »